集団面接

集団面接を受ける前に・・・

就職活動を頑張っている皆さま、企業からの内定を受け取るまで非常に長い道のりですよね。就活を成功させるために、日々色々な努力をされていると思います。そんなあなたのために、就活をして企業から内定を受け取った私が、実際に使ったある方法を教えたいと思います。

 

就活をされている方なら誰しもがリクナビやマイナビに登録していると思います。実は、リクナビやマイナビよりもお勧めなのが『日経ナビ』という就職サイトなのです。というのも、日経ナビにはマイナビやリクナビに登録していない中小の優良企業が一番多く登録されていると言われているのです。

 

イメージとして中小企業の就活は大手よりも後と思っている人が多いと思うのですが、日経ナビに限っては、12月くらいから選考が始まる優良企業が非常に多いのです。

 

ここでポイントですが、まず日経ナビに登録している会社で面接を受けてみます。ここで感じたことを本命企業での面接に活かすのです。いわば『面接の実戦練習』をするわけです。実際に面接を受けることで本命への手応えを掴むことができます。

 

もし受かった場合は、早期内定をもらっていることで気持ちのゆとりが違うので、その後の就活への影響もかなり良い影響をもたらしてくれるでしょう。

 

数多くある就職サイトですが、私の場合、一番役にたったサイトが日経ナビでした。あなたもぜひ登録して就職活動を有利に運ぶために役立ててください。

 

>>>日経ナビの無料登録はこちらから

 

集団面接に挑むコツ

 

集団面接

集団面接で大切なのは自分自身を見失わずに焦らずに自分らしく受け答えすること。だと私は思います。もちろん、自分らしさを伝える前に守らないといけないマナーや注意点などがありますが、そこは覚えて練習すれば誰でもできる当たり前の事。それ以上に個性や長所・短所をアピールしいかに他人の前で言えるかというのが大切です。

 

そもそも、企業側はなぜ集団面接をするのか。

 

そこを考えてみると自分がどのように質問に対して答えを出すべきか。どのように入退室すれば良いのかがわかってきます。企業側の集団面接のメリットは時間の短縮になり、応募者の比較もできます。

 

他人の前で発言がしっかりとできるか。回答への個性。質問に対して要領よく答えられているか。人の意見を聞くことができているか。などが一度に見られます。
なので個人面接よりも見られていることは多くなります。

 

ポイントをしっかりとおさえて面接に挑むと良いと思いますよ。

 

本当に大切なコトを忘れていませんか?

このサイトで私の実体験や友人や先輩達が実際に体験した集団面接の内容やノウハウを見てもらいたいと思います。また、基本であるマナーや注意点も紹介していますからよく確認して欲しいです。

 

今更、わかっているよ!!と思っていたことが間違っている可能性もあります。人には聞けないからこそ、このサイトでよく確認し当日、やっちゃった!!なんて思わないようにしてください。

 

基本的なことでの失敗はあとあと自分の中でたまりモヤモヤした気持ちになって次の面接まで引きずってしまう可能性もあります。基本があるからこその、面接の内容です。挨拶ひとつできないような人がどんなに立派なことを言っても誰の心にも響きませんからね。

 

このサイトをうまく利用して希望の会社へ入社し、あなたのノウハウを後輩へと引継いでください。


 

サイト管理人のぶっちゃけ話

実は、先程申し上げたように、私は集団面接が本当に苦手でした。では、どうやって克服したか、というよりも、どうやってコツを掴んだかというと、採用を決める面接官側の視点に立ってみたのです。

 

自分がどのようにアピールしようか戦略を立てても、それが合っているのか間違っているのか、それすら分からないじゃないですか。それならば、最初から相手の望むことを知ってさえいれば、そのとおりに動けばいいですよね。

 

なので、1日何十人、年間何百人と面接をしているプロの意見を聞くことにしたのです。とは言え、都合よくそんな現役面接官が近くにいるわけありません。そこでインターネットで検索してみたら、自分が望んでいたものがヒットしたのです。それが「知らないから落ちる面接の4点減点法」です。

 

このマニュアルは本当にスゴイです。購入する前に「こんな内容の面接官の視点が分かるものがいいな」と思い描いていたものがまさにそのまま!それ以上に「なんで今まで気づかなかったんだろう」と非常にシンプルなことを気づかせてくれました。

 

どうやっても面接に通らない人にはそれなりの理由があります。その理由を考えても答えが出ない時は、考え方をぐるっと変えてみて、現役面接官から教えてもらうという手段もありですよ。